トップページ > わたり式月次決算書

わたり式月次決算書

  • 黒字なの?赤字なの? 一目でわかります!
  • どこに手を打てば利益が出るのか、全社員が理解できるようになります!
  • お金を残すための経営を経営幹部が理解できます!

  • 会社の損益を「未来会計図表」という見やすい図表で示します。自社の利益の構造や
    「次の一手」が一目で分かります!
  • 儲けた毎月のお金はどこに消えたのか?
    損益だけではわからない「お金の流れ」を明確に示します。
  • 会社設立以来、お金をどこから集め、いくら稼ぎ、どこへ投資したのか?
    そして今どうなっているのかが分かります。

わたり会計事務所がお客様にお届けしている「わたり式月次決算書」(一部)

わたり式月次決算書で「儲けるための会計」を身につけよう!

経営者に必要な会計は、銀行や税務署に提出するための「過去会計」ではなく、「儲けるための会計」です。 わたり式月次決算書は、「儲けるための会計」を身に付けて頂くため「未来会計図表」「キャッシュ・フロー計算書」など、経営者や経営幹部の方々が数字を理解しやすい資料となっています。 毎月「未来会計図表」を使って説明と演習を行い、「儲けるための会計」を体得して頂きます。経営者や経営幹部の皆様が、自分の思いを数字に置き換え、経営計画やシミュレーションを自由に考えることができるようになることが「良い経営」への近道だと考えているからです。

月次決算書で毎月「数字の説明・演習」を経営者・幹部で行っていただきます。
そのため、会社に会計ソフトを導入して帳簿をつけていただく必要があります。
(経理職員が不在など、どうしても自社で帳簿をつけれない場合は会計ソフト入力代行サービスも用意しております。お気軽にご相談下さい。)

経営環境が目まぐるしく変わるこのご時世、
決算日から2カ月後に手にする決算書だけでは良い経営はできません。

  • 利益を出すために必要な売上はいくらなの?
  • 仕入れや外注費が増えても利益が
    出る方法があるの?
  • 値引きはいくらまでしても大丈夫?
  • 利益は出ているけどお金が足りない。
    本当に儲かってるの?
  • 価格UP? 販売数量UP? 仕入れDOWN?
    固定費DOWN?利益を出すにはどの方法が
    一番効果的?
  • 売上10%DOWNと粗利10%DOWN、
    利益が減るのはどっち?
  • 節税にお金を使っても大丈夫?
    今あるお金は儲けたお金?
    それとも借りてきたお金?

わたり式月次決算書を使って、毎月決算でタイムリーに会社の状況を知ることで、経営に関するさまざまな疑問や悩みを解決し、「次の一手」を考え見つけましょう!

数字に強い経営者と幹部・社員を育てるための「わたり式月次決算書」で、 お客様に元気と明るい未来をお届けします!

お問い合わせ

075-555-6844