トップページ > お知らせ > コロナウイルス融資に伴う試算表の作成について | 京都で税理士、会計士をお探しなら渡利会計事務所 |京都市西京区

お知らせ

コロナウイルス融資に伴う試算表の作成について

2020.04.15

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です。

 

新型コロナウイルスによる影響を受けている事業者の皆様へ

 

コロナウイルスによる影響で売上が減少した事業者様向けの資金

繰り支援として、様々な融資制度が新設・拡充されています。

 

資金繰り支援といえば、日本政策金融公庫様の「新型コロナウイ

ルス感染症特別貸付」ですが、今後は、保証協会の保証付き融資

についても公庫様並みに支援が拡充される予定です。

 

 

資金繰り支援の一覧はこちらになります(経産省HPより)

とても見やすく整理されています。

 

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/shikinguri_list.pdf

 

 

 

融資申し込みに際して、お客様から

 

「いくら借りたら良いのか」

「どのくらいの期間で返済したらいいのか」

「元本返済をどれくらい猶予してもらったら良いのか」

 

といったご相談を多くなっています。そういうときは、

 

 

「もし売上○○%減が、○月まで続けば・・・」

 

 

という想定で、資金ショートの時期(Xデー)をシミュレーショ

ンして今後の資金計画をお客様と一緒に考えます。

 

 

粗い概算でも未来の数字が見えてくると、お客様の決断と行動も

早くなります。(⇒これが一番重要です)

 

 

「売上が落ちてきている。借りた方が良いのかな?」

 

 

と思われているお客様に行動と決断を促すのは、間違いなく未来

の数字です。

 

 

未来会計の必要性・重要性を改めて実感しています。

 

 

なお、未来のシミュレーションには計算の基礎となる直近の試算

表が必須です。

 

 

もし、試算表がなかなか出ない、といったことで困っておられま

したら、未曾有の状況ですので、最大限のご協力をさせていただ

きます。

 

 

 

ただし、下記の事業者様については協力はできかねます。

 

 ・無申告

 

 ・コロナウイルスの影響を受けていないのに、この機会を利用

  して融資を希望している

 

 ・売上を抜く等の脱税をご希望

 

 

 

お問合わせ

 

 

既にコロナ特別融資を受けた事業者様の事例や、公庫様、金融機

関様の考え方も可能な範囲でお伝えさせていただきます。

 

 

現状を数字でしっかりと把握し、今後の資金計画を立て、最低で

も1年乗り切るだけの資金確保にすぐに動きましょう。

 

 

そして資金繰りに目途がついたら、次はこの状況を凌いだ後のこ

とを考え・行動していく必要があります。

 

 

借入金は利益の前借りです。借りたお金の返済には今まで以上の

利益が必要となります。

 

 

ですので、借りたお金で今を凌ぐだけでなく、借りたお金を活

して未来の利益を創る行動も考えていく必要があります。

 

 

こういう状況だからこそ、未来の利益を創り出す次の一手を考

え、行動することが大切ですね。

 

 

当社では、資金計画をスタートとした中長期経営計画の作成指導

もサポートしております。

 

 

お問合わせ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る