トップページ > 税務お役立ち情報 > 税理士の中小企業支援 | 京都で税理士、会計士をお探しなら渡利会計事務所 |京都市西京区

税務お役立ち情報

税務お役立ち情報

税理士の中小企業支援

2020.04.01

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です。

 

 

日本税理士会連合会HPに「中小企業支援」について記載があります。

 

税理士の主な顧問先は中小企業・小規模企業であり、経営者の7割

は、税理士を経営問題の相談相手と考えています。(中小企業庁アンケート)

 

非常に有難い言葉であるとともに、非常に身が引き締まる思いです。

 

 

また、税理士が行う中小企業支援として次の4つが挙げられています。

 

☑ 財務支援

☑ 経営支援

☑ 金融支援

☑ 税制支援

 

 

税務支援は言わずもがなですね。

 

金融支援も、金融機関が信頼関係を構築し、顧客との懸け橋にな

ることは、今ではよく知られていることだと思います。

 

また冒頭申しました通り、現在、新型コロナウィルスにより事業

に影響を受けている事業者様が大勢いらっしゃいます。

 

特に資金繰り対策は待ったなしです。顧問先様には敢えて悲観的

な業績をシミュレーションして資金調達の必要性を伝えるととも

に、政府の資金繰り支援策を積極的にご案内して、資金調達を後

押ししています。

負債が増えることを懸念されるお客様もいらっしゃいますが、融

資を受けて何事もなければそのまま返済に充てれば良いだけ、

借りるのを躊躇して資金ショートしたら元も子もありません。

 

【3月31日更新】新型コロナウイルスに伴う支援情報(補助金, 資金繰り, 猶予制度)

 

 

財務支援  ⇒ 会計の質の向上、会計指針等に準拠した決算書作成等

経営支援  ⇒ 経営革新等支援機関による経営改善支援等

 

についても大変重要な支援業務だと思いますが、これらについて

は、もう少し踏み込んだ支援が必要だと考えています。

 

我々の主なお客様である中小企業を取り巻く環境は日々絶えず変

化しており、お客様の多くが未来に対して大いなる不安を抱えて

いらっしゃいます。

だからこそ、渡利会計事務所は自社の使命(ミッション)である

「中小企業を元気にする」必要があると考えています。

 

ここで言う「元気にする」とは、お客様の将来に対する不安を払

しょくすることです。

そのためには、少しでも明るい未来を描けるサポートをする事こ

そ、我々が本当にやるべきことと考えます。

 

そのために必要な財務支援、経営支援として

 

☑ 未来のP/L(※)の作成  ⇒  未来会計図表(月次決算書)

 

☑ 未来のB/S(※)の作成  ⇒  資金別 B/S(月次決算書)

 

☑ 会社の未来像の構築    ⇒  経営計画書 

 

☑ 未来に対するリスクヘッジ  ⇒  保険監査

 

☑ 未来における生産性向上  ⇒  IT、RPAシステムの導入支援

※P/L⇒損益計算書、B/S⇒貸借対照表

 

を顧問料の範囲内でのサービスとして提供しています。

 

中小企業にとっては、会計事務所に対する顧問料は、一般的には

経費と認識されていますが、渡利会計事務所は過去分析だけでな

く、未来に対する不安を払しょくするサービスさせて頂くので、

来費用と認識されるような事業展開をしていきたいと考えてお

ります。

 

弊社の支援内容や月次決算書、経営計画書にご興味のある方は、

お気軽にお問い合わせくださいませ!

 

お問合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る