トップページ > 税務お役立ち情報 > クラウド会計(MF会計)導入事例 | 京都で税理士、会計士をお探しなら渡利会計事務所 |京都市西京区

税務お役立ち情報

税務お役立ち情報

クラウド会計(MF会計)導入事例

2020.03.14

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

 

今回は、クラウド会計の導入事例をご紹介いたします。

 

クラウド会計のメリットについては、こちらご参照頂けると幸いです。

 

クラウド会計ソフトのメリットは?

 

導入したクラウド会計ソフトは、マネーフォワード(MF)クラウド会計です。

 

 

導入されたお客様の業種は【サービス業】でご相談内容は

 

「経理や給与事務の人員・時間が多すぎる。もっと効率化できるはず!」

「2カ月遅れになっている月次決算を早期化したい。」

 

ということでした。

 

導入前の社内の状況

①現金取引・・・手書きの現金出納帳

②通帳取引・・・通帳に手書きで取引を記入

③クレジットカード取引・・・なし

④給与明細・・・社内システムで明細作成後、一覧表をエクセルで作成

⑤売掛金管理・・・社内システムで管理

 

現金・預金取引(①②)の事務を非常に細かく丁寧にされておら

れたのですが、インターネットバンキングを開始して頂き、省け

る事務を洗い出して一気に簡素化しました。

また、現金取引を極力減らすため、③のクレジットカード取引を

始めて頂きました。

 

インターネットバンキングやクレジットカードの取引履歴はクラ

ウド会計ソフトとの自動連携で取引日・支払先・利用額を自動取

得できます。

手作業による「入力ミス」が無くなり、情報もリアルタイムで取

得できるので非常に便利です。

 

給与と請求事務については既存システムの機能を生かし切れてい

ないことも分かったので「既存システムでできること」の見直し

をしています。

 

導入後半年ほど経過しましたが、事務に係る人員を概ね0.5人削減

でき、2カ月遅れの月次決算を翌月20日までに「月次決算書」を

供できる体制に変えることができました。

 

 

「事務を効率化したい!」

「月次決算を早くしたい!」

 

という社長のご要望に「ある程度」ではありますが、お応えする

ことができ、少なからずご好評を頂いております。

 

経理担当者様も最初は「会計ソフトの導入」に不安な様子でした

が、導入後半年ほど経つと「大分慣れました」との感想を頂いて

おります。

 

 

クラウド会計ソフトの導入のメリットは「月次決算の早期化」や

「数字を経営に役立てる」という目的を実現するための手段です。

 

また社内から「入力」や「転記」といった単純作業が無くなり、

経理担当者の業務が「チェック」主体に変わるため、取引の異常

値に対する感度や経理スキルは間違いなく上がります。

※数字の見方、異常値の捉え方については我々も指導をさせて頂

 いております。

 

 

クラウド会計の導入や既存システムでの運用でお困りのこと、お

悩みのことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

お問合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る