トップページ > お知らせ > 【3月31日更新】新型コロナウイルスに伴う支援情報(補助金, 資金繰り, 猶予制度) | 京都で税理士、会計士をお探しなら渡利会計事務所 |京都市西京区

お知らせ

【3月31日更新】新型コロナウイルスに伴う支援情報(補助金, 資金繰り, 猶予制度)

2020.03.13

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です。

 

新型コロナウイルス感染症の発生により影響を受けた皆さま方

に、心よりお見舞い申し上げます。

 

新型コロナウイルスの発生は、経営環境に日々刻々と大きな影響

を与えております。​前回

新型コロナウィルスに伴う融資・助成金支援

に引き続き、資金繰り支援をはじめとする支援策、自社で採り得

る対策などの情報を提供しますので、ご参考にしていただけます

と幸いです。

 

☑ 政府による支援策

☑ 自社でできる資金繰り対策
 (生命保険契約による契約者貸付、倒産防止共済による貸付)

☑ 社会保険料の納付の猶予制度

 

 

1.政府による支援策
 

 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者に対して、資金繰り、

 補助金・助成金などの支援があります。

 経済産業省 
 『新型コロナウイルス感染症で 影響を受ける事業者の皆様へ』に
 ひと通りまとめられていますので、まずはこちらをご覧ください(経済産業省HP)  

 https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

 

 新型コロナウイルス感染症関連のページ(経済産業省HP)

 https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

 

2.自社でできる資金繰り対策

 

 ①生命保険契約による契約者貸付 

  急場を凌ぐ手段として「生命保険の契約者貸付」は非常に使

  い勝手が良いと思われます。
  

  解約返戻金のある保険の場合、解約返戻金の7割〜8割の貸付

  を受けることができます。
  

  金利が3%以上することもあり銀行融資よりは調達コストが

  高くなりますが、銀行のような融資審査もなく、申し込みか

  ら3営業日以内に着金されるケースが多いようです。
 

  保険を現金化しようとすると解約してしまう方が多いのです

  が、解約すると死亡保障も無くなりますし、利益も計上され

  てしまいます。
 

  契約者貸付であれば、死亡保障も継続されますし(万が一、

  お亡くなりになった場合は保険金と借入金が相殺されま

  す)、もちろん利益も計上されません。
 

  契約者貸付をいくら利用できるか把握されていない方は、保

  険代理店か保険会社にご確認ください。

 

  生保契約者貸付『金利0%』実施会社一覧(3/31更新)

 

  https://www.hokenss.co.jp/_rmc/20200330_zero-kinri01.pdf

  

  保険サービスシステムHD株式会社様HPより

 

 

 ②倒産防止共済(経営セーフティ共済)の貸付

 
  生命保険の契約者貸付と同じように倒産防止共済にも貸付制

  度「一時貸付金」があります。
 

  一時貸付金は、取引先事業者が倒産していなくても、契約者

  の方が臨時に事業資金を必要とする場合に、解約手当金の

  95%を上限として借入れできる制度です。
 

  こちらも生命保険契約と同様に、解約すると利益になります

  ので、まずは貸付制度を利用して資金繰りをつないでおき、

  その後、赤字の穴埋めをしたい場合に解約するという二段構

  えの作戦を採ることもできます。

 

  中小機構HP

  https://www.smrj.go.jp/kyosai/tkyosai/about/loan/index.html

 

3.社会保険料の納付の猶予制度

 

 新型コロナウイルス感染症の影響により、事業所の経営状況等

 に影響があり、一時的に厚生年金保険料等を納付することが困

 難な場合の猶予制度が設けられています。(日本年金機構HP)  

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2020/202003/20200304.html

 

お困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

お問合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る