トップページ > お客様の声・事例紹介 > 経営計画発表会! | 京都で税理士、会計士をお探しなら渡利会計事務所 |京都市西京区

相談事例・お客様の声

相談事例・お客様の声

経営計画発表会!

2021.07.31

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

久しぶりの投稿になります(^^;

 

年初に弊社の経営計画発表会を行いました。

 

 

 

なぜ経営者は「経営計画書」を作るのか? 一倉定先生に曰く

 

■方針書

 社長が、自らの未来像を明示せずに、社員はどうして自らの

 未来を考えることができるのか。
 社員の最大の不安がここにあるのだ。
 この不安を取り除いてやることは社長の責任である。

 

■目標数字

 目標は「その通りにいかない」からこそ必要である。
 それは、社長の考えとお客様の要求との食い違いを

 社長に教えてくれるものだからである。

 

社長として社員に「社員の未来像」「会社の未来像」「事業の未来像」

を示し、お客様の要求との食い違いを数字で読み取り、会社を誤りの

ない方向に導くために、経営計画書は必須です。

 

実際に経営計画書を作成され、月次決算書で目標との差額をチェ

ックして次の行動に繋げられているお客様と、そうでないお客

様との差は「業績の差」となって数字に表れてきます。

 

(ちなみに、月次の報告で目標を超えて業績が伸びている時の

 お客様の驚きの表情と笑顔は最高です!)

 

「目標にあといくら足りないから、○○をやってみよう。」

 ⇒タイムリーに差を知り、その差を埋めるために次の行動をする。

 

 

それだけ差なのですが、その差がとても大きいものだと、春の決

算期の業績を見て改めて思いました。

 

 

 

 

 

以下、ご参考までに、弊社の今期のテーマの一部をご紹介いたします。

 

 

今期のテーマ

 

 

 

 

正しい月次決算・早い月次決算を目指す!

 

 

 

 

未来会計10段活用 ~お客様をより高いステージへと導く~

 

 

 

 

お問合わせ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る