トップページ > 税務お役立ち情報 > 画像 | 京都で税理士、会計士をお探しなら渡利会計事務所 |京都市西京区

税務お役立ち情報

税務お役立ち情報

採用情報(パートスタッフ募集!)

※5/31をもちまして、採用を終了させていただきました。

ありがとうございましたm(__)m

 

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です!

当事務所で事務をしてくださる方を探しています(^^♪

 

お昼からの勤務になりますが、主婦の方も歓迎です!

お子様の病気や学校行事などは、優先して頂いて結構です。

 

土・日・祝日、さらにお好きなウィークデーに1日お休み頂けます。

 

小規模ですが、とてもアットホームな職場です(^^)

 

募集要項をご確認いただき、ふるってご応募ください!

 

 

お待ちしております(^^)/

 

募集要項 
雇用形態パートスタッフ
業務内容・パソコンソフトへの入力等
・給料計算
・会計監査・税理士業務の補助
・総務事務、電話応対
応募資格・当事務所のビジョンと理念にご賛同いただける方
・パソコンやスマートフォンを利用することが好きな方
・心身共に健康な方
・企業等で営業又は、総務、経理事務のご経験のある方
 ※簿記の知識をお持ちであれば尚可
給与時給1,000円(※16:00以降は1,200円)
決算賞与(12月)
福利厚生労災保険、雇用保険
勤務時間週4日 13:00~18:00
※勤務日、勤務時間は応相談
休日休暇土日祝日、お盆、年末・年始
応募方法履歴書をご郵送下さい。
書類選考後、面接日をご連絡致します。

 

※履歴書の郵送先は下記になります。

〒615-8262

京都市西京区山田四ノ坪町11-4サントル西京404

渡利会計事務所 採用担当

 

 

※採用に関するお問い合わせは、メールにて承っております。

y.watari@watari-tax.com まで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

2018/4/2【お客様紹介】京都・嵐山にあるオシャレなホステル

2018.4.2

 

京都市西京区の会計・税理士事務所 スタッフの深田です(^▽^)

 

✿お客様紹介✿

 

Mulan Hostel【木蘭ホステル】様

今まさに桜が満開な阪急嵐山線「嵐山駅」近くにある、とてもオシャレでアットホームなホステルです。

 

(↑玄関には桜の木があるんです!写真はまだ咲いてない頃のものですが、ちょうど今が見頃だと思いますよ🌸)

 

(↑奥様の趣味だという生け花が、綺麗でした。)

 

めっちゃくちゃ素敵な♡中国人ご夫婦が営んでいらっしゃる

木蘭ホステル✨

 

オーナーご夫婦のように、オシャレでぬくもりをたっぷり感じる落ち着いた共有スペースと、共有キッチン(^^♪

 

 

 

共有スペースには漫画やゲームなどもあり、いろいろ楽しめそう!

駅近でもあるので、京都観光の宿泊にぜひオススメです(^▽^)/私はご近所なのですが、泊まってみたいと思う本当に素敵な空間でした♡

@mulanhostel ←インスタグラムのアカウントです📷ぜひ覗いてみてください(^^♪

未来会計図表の勉強会

京都市西京区の会計・税理士事務所 公認会計士の渡利祥子です。

 

小売業を営むお客様に事務所にお越しいただき、6月分の『月次決算書』を使って、

「儲けたお金の流れ」や「自社の利益構造」などを確認した後、今後の販売戦略を

『未来会計図表』で一緒に考えました。

 

数字に明るいお客様なのですが「粗利益と固定費の考え方について新たな気づきが

あった」と仰って頂きました。

また販売価格の考え方については、私自身にとっても新たな気づきがあり、大変実り

の多い勉強会となりましたので、その模様をお伝えいたします。

 

使用する資料は、『渡利式月次決算書』♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

毎月の損益(儲け)推移表(下図)をみながら粗利益や固定費を確認しました。suii

 

 

儲けた利益(お金)はどこにいったのか…『キャッシュフロー計算書』(下図)で

利益とお金の流れを確認します。

今期、利益に比べてお金が増えている理由も一目瞭然でした。

CF

 

 

過去の実績を確認した後は、『未来会計図表』(下図)を使って今後の販売戦略を

お客様と一緒に考えます。

未来会計図表s

 

この『未来会計図表』の理解を深めて頂くために別途説明した資料(下図のモニター画面)が

「大変わかりやすい!」とご好評で、その後の販売戦略について深いお話ができました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

『未来会計図表』を活用すれば、利益を上げるために販売価格と数量のどちらを

UPすれば効果的なのか、はたまた、仕入値や固定費の削減を検討した方がいいのか

という今後の戦略が明確になります。

今回のお客様は、売値の上下が最も利益に影響してくる事業構造でした。

「値決めは経営なり」稲盛和夫さんも仰っている通り、とても難しい課題です。

引き続き『未来会計図表』を使ってお客様と一緒に今後の戦略を検討していきたいと

思います!

 

ページトップに戻る