watari のすべての投稿

経営計画の作成 その2(戦略・未来像)

2020.09.30

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

暑さも大分和らぎ、涼しくなってまいりました。

 

 

前回のブログ

 

https://watari-tax.com/archives/2215

 

に引き続き、経営計画の作成について触れたいと思います。

 

5年間の中期事業計画で目標数字(手にしたい数字)を決めた後は

どうやってその数字に向かっていくか、どう自社を展開していく

のかを決めて、翌年の行動計画へと進んでいきます。

 

同じ業界であってもゴール(理想の数字や未来)、例えば

 

 ☑事業を拡大するため、採用・育成に力を入れたい

 

 ☑高収益型の事務所に変わるためお客様への付加価値を上げたい

 

 ☑特定業界向けに新商品を開発して、業種特化したい

 

によって、今後の展開は異なりますが、下図黄色の「未来像」

 

「戦略(差別化)」を決めて明記するという方向性は同じです。

 

 

我々は引き続き「経営計画書」と「月次決算書」に特化したサー

ビスを提供していきたいので、これら2つの商品と親和性の高い、

いわゆる「理想のお客様像」(ゴール)を決め、どうすればその

お客様層に出会い、価値を感じてもらえるかを考えています。

 

また、価値観を共有できる社員と共に成長し事務所を発展させた

いという思いも強く、来年後半には社員を採用する計画を立てま

同じく「理想の社員像」(ゴール)を決めたところです。

 

今後の自社の展開も少しずつ形になってきました  (^^

 

通常業務もあり、経営計画書作成に参加されたメンバー全員がも

のすごく忙しい状況ですが、毎日少しずつコツコツと加筆・修正

をしています。

 

最後に一倉先生のお言葉をご紹介します。

 

『経営計画の作成時間を節約するというほど、誤った時間の使用法はない』

 

コロナ禍の中、未来に不安を感じている社長は多いと思います。

だからこそ社長が、自社が目指すべき未来像を決めて社員に共有し、

全社員で未来像を実現するための行動を決めていくことが必要だ

と思っています。

 

 

お問合わせ

 

 

経営計画書の作成 その1

2020.08.31

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

毎日暑い日がつづきますね(^^;)

 

弊社は12月決算なので来期まで4カ月ありますが、9月から全国の

同志と一緒に4カ月かけて自社の経営計画書の作成を開始します。

方向性や進捗の確認はZOOMで毎月1回行い、日々の報連相はチ

ャットワークで行います。

 

  

 

昨年までは東京で一堂に会して経営計画書の骨格を作成しており

ましたが、コロナ禍の影響もあり今年はWEB対応になりました。

4カ月間をかけて骨格だけでなく細部まで完成させていくので、

内容は例年以上に濃いものになるはずです。

 

まず、取り掛かりとして来期から5年間の中期事業計画を作成し

ました。

 

 

 

 

 

経営計画書の作成は、短期⇒中期の数値目標から始まります。

数値目標を立てるだけでも、自社に足りないこと、必要なこと

が見てきますが、「目標を立てるだけ」では何にもなりません。

 

    目標は仏であって魂ではない。 一倉定先生

 

魂(方針)のない数値目標は、生命をもたないということです。

 

ですので、数値目標を立てた後は『何故その目標を達成させたい

のか』『どうしたら達成できるのか』を脳みそに汗をかきながら

考えていきます。

そして、来期の方針を我が社の魂として経営計画書に落とし込ん

でいきます。

 

 「社長は何をしたらいいか…」を見つけだす最良の方法は、

  経営計画を自ら立てることである。 一倉定先生

 

 

名言です!進捗は引き続きアップしていきたいと思います!

 

お問合わせ

 

 

資金繰りは節税で改善する?

2020.07.30

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

「税金をできるだけ少なくしたい」

 

多くの経営者の方々が仰る言葉の一つです。

 

お気持ちはよく分ります。

 

もちろん、税制優遇制度を活用した税額控除や特別償却の節税提案はさせて頂いております。

 

それでもまだ税金を減らしたい。

 

「税金をもっと少なくすれば、会社にお金が残るはずだ。」

「税金を払うくらいなら、経費支出をした方が良い。」

 

この考え方は正しいのでしょうか?? 下図をご覧ください。

 

 

そもそも、税金は利益の一部で支払うものです。

 

税金を減らすために利益を減らすと会社に残るお金」が100減ってしまいます。

 

会社の資金繰りは悪化しているのです。

 

そもそも、社長の願いは会社に残す資金を増やすことではなかったでしょうか。

 

であれれば、安易に「税金少なくしてほしい」と税理士に言ってはいけません。

 

資金繰りを良くするには

 

①利益を増やすこと

②借入れの返済額が、利益とバランスするよう金融機関と交渉すること

 

この2つが非常に重要になります。(下図)

 

 

 

我々は、2つの解決策を実現するため、お客様と一緒に利益計画・販売計画を作ります。

 

目標利益や資金繰りを考えながら、銀行交渉のアドバイスもさせて頂きます。

 

月次決算書で結果をチェックし、計画との差を埋めるための改善策を一緒に考え、実施して頂きます。

 

このPDCAサイクルをお客様だけで回し続けるのは至難の業です。

 私自身も外部サポートを受けながら自社のPDCAを回しております(^^;)

 

 

どうしても本業を優先してしまい、実施とチェックが甘くなってしまいます。

 

我々は、お客様が計画を着実に実施し、改善の行動ができるようサポートをさせて頂きます。

 

チャットやWEB面談などのツールを活用すれば、面談日以外でもコミュニケーションを取りながら

サポートすることは十分可能です。

 

目標を決めたい。

計画の作り方が分からない。

計画を作ったけど実施できない。

 

そんなお悩みやお困りごとがあれば、ご相談ください。

 

 

 

お問合わせ

 

 

ZOOMでお客様と面談!

2020.06.30

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

 

新型コロナウィルスの影響で、会議や打合せを「対面」ではなく

ZOOMなどを活用して、パソコン画面やタブレット画面で行う

WEB会議・WEB面談」が増えています。

 

 

先日『コロナ後の目標をどう設定したら良いのか分からない。』

と少しお悩みのお客様に、ZOOMを使った売上・利益のシミュレ

ーションを提案しました。

 

 

ZOOMの良いところは、招待URLをクリックしてもらうだけで、

手軽にWBE面談できるところですね。通信や音声も安定しています。

 

 

さて、ZOOMシミュレーションですが、

 

 

「損益をトントンに戻すには売上をあと○○万円、

 借入を返済するには更にあと✖✖万円必要ですね。」

 

「でも、固定費を△△万円削減したら売上はあと□□万円で

 大丈夫そうですよ。」

 

 

などなど、条件を変えながら何パターンか行いました。

こういうときに役立つのは「未来会計図表」です!

 

このように、数字が苦手な方でも直感的にご理解いただけます。

 

 

更に売上を「客数」「客単価」「頻度」に分解して、あと何人、

何回など、より身近な数字に置きなおして考えてみると、自社で

できること、できそうなことのイメージが湧いてきたようです。

面談の最後に

 

 

「頻度を上げるのために、もっとできることがありそうです。

 WEBでやってもらえて良かったです!」

 

 

と仰って頂けました。(^^)

 

 

画面共有時は、お客様の表情が確認し辛く、違和感を感じながらの

シミュレーションでしたが、喜んでいただけて良かったです。

売上分解は、白紙の紙に手書きで説明しました(^^;)

 

 

あとWEBの場合、相手のリアクションが分かりづらいので、聞

き手の時は大きく頷くことも大切だなと思いました。

 

 

チャットワークやZOOM等のツールにより、お客様との関係性や

コミュニケーションの頻度が変わってきています。

「月1回の面談」「1回2時間の面談」といったような既成概念が

崩れつつありますね。

 

 

 

 

 

お客様に喜んで頂くため、変化に対応していきたいと思います!

 

 

お問合わせ

 

 

コロナ支援「家賃支援給付金」

2020.05.31

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

5/27に新型コロナウイルス感染拡大に対応する第2次補正予算が

閣議決定されました。

 

 

予算案の中小企業向け支援策の中で、注目されているのが

「家賃支援給付金」です。

 

事業者が支払う家賃に対する補助になりますので、要件に該当さ

れる事業者様は必ずご申請頂きたいと思います。

 

支援策の概要は以下になります。

 

※令和2年度第2次補正予算の成立を前提としているため、

 内容が今後変更されることがあります。

 

 

【給付対象者】

 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等

 

 

 

【支給要件】

 令和2年5月12月において、以下のいずれかに該当する者

 

 ①いずれか1カ月の売上高が前年同月比で50%以上減少

 ②連続する3ヶ月の売上高が前年同期比で30%以上減少

 

 ※「持続化給付金」との違いにご注意ください。

  持続化給付金は「令和2年1月~12月のいずれかの1カ月」です。

 

 

 

【給付額】

 申請時の直近の支払家賃(月額)に基づき算出される給付額

 (月額)の6倍(6カ月分)を支給。

 

 月額の給付上限

 

 [法人の場合] 

  1店舗経営 :50万円/月 

  複数店舗経営:100万円/月

 

 [個人事業主の場合]

  1店舗経営 :25万円/月 

  複数店舗経営:50万円/月

 

 

 

【給付率】

 ・支払家賃(月額)が75万円までの部分:2/3

 ・支払家賃(月額)が75万円を超える部分:1/3

  ※複数店舗の場合、支払家賃(月額)225万円で上限の給付

   額(月額)100万円になります。

  詳しくは下図をご参照下さい。

  

 (経済産業省 令和2年度第2次補正予算案の事業概要より)

 

 

【今から準備しておくことと注意点】

 

 ①「家賃支援給付金」は、まだ国会で成立していないので、

  申請開始はどんなに早くても6月下旬以降、給付は7月以降に

  なるようです。(※中小機構「J-NET21」HP参照)

 

 ②持続化給付金と同様の書類が必要になると予想されますので、

  法人であれば「法人事業概況説明書」、個人事業主であれば

  「青色申告決算書」を準備しておきましょう。

 

  また、対象となる月(令和2年5月以降)の売上台帳とともに、

  家賃の賃貸借契約書や、家賃の支払・引落を証明する資料

  ど、「申請時の直近の⽀払家賃(⽉額)がわかる資料」が手

  元にあるかどうかを確認しておきましょう。

 

 

 

何かお困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

ZOOM等によるご面談も受け付けております。

 

お問合わせ

 

持続化給付金と確定申告

2020.05.17

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

 

新型コロナウィルスにより、特に大きな影響を受ける事業者に対し、

事業継続や再起の糧として使用できる「持続化給付金」の申請が

5月から始まりました。

 

 

給付額は、中小法人等200万円、個人事業主等が100万円

 

 

となっております。給付の対象となる主な要件は

 

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売上が

前年同月比で50%以上減少している事業者

 

 

です。その他の要件(事業継続意思、法人の資本金等)

の詳細は、経済産業省HPでご確認ください。

https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html

 

 

 

「コロナウィルス支援情報の特設サイト」の「給付金」ページ

から動画解説をご覧いただけます!

 

       ↓ 画像をクリック ↓

 

 

 

弊社のお客様も、4月以前の売上で要件を満たされた方は、早々に

申請を行い手続きを完了されました。

 

WEBサイトからの手続でもあり、思っていたより簡単にできたと

いうお声を頂いておりますが、申請に必要な対象月の売上台帳」

については、お客様ごとに状況が異なるので、会計帳簿や売上デ

ータの確認等を行いました。

 

 

申請処理が滞りなく終わり、とりあえずは一安心です。

 

 

持続化給付金に関連してかどうかは分かりませんが、5月に入り

法人様であれば前事業年度、個人事業主様であれば令和元年分の

確定申告書を作成して欲しいというお問い合わせを頂いております。

 

大変ありがたいお話であり、可能であればご協力させて頂きたい

のですが、現在、顧問先のお客様へのサービス提供に集中させて

頂いております。

 

そのため、新規で確定申告書の作成を請け負う余力がなく、ご依

頼をお断りさせて頂いております。

 

何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

 

 

なお、ZOOMなどを活用して今後の資金繰りや損益予測を行う

WEB面談については、週1~2件対応させて頂いております。

 

 

 

 

資金調達はできたが、今後の展開が予測できないとお困りの事業

者様に好評を頂いております。

直近の決算書等の数字をご提供頂けることを条件とさせて頂いて

おりますが、ご興味ありましたらHPの「お問合せ」よりご連絡く

ださい。

 

 

お問合わせ

 

 

コロナ対策特設サイト開設について

2020.05.02

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

 

コロナウィルス支援情報の特設サイトを開設しました!

 

 

↓ クリックすると特設サイトに移動します

 

 

 

内容は随時更新して参ります。

 

多くの事業者の皆様にご活用頂ければ幸いです。

 

 

↓ クリックすると特設サイトに移動します

 

 

特設サイトのURLはこちらです↓

https://covid19.shien-juku.com/?pmt=fscx

 

 

ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

お問合わせ

 

コロナウイルス融資に伴う試算表の作成について

2020.04.15

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です。

 

新型コロナウイルスによる影響を受けている事業者の皆様へ

 

コロナウイルスによる影響で売上が減少した事業者様向けの資金

繰り支援として、様々な融資制度が新設・拡充されています。

 

資金繰り支援といえば、日本政策金融公庫様の「新型コロナウイ

ルス感染症特別貸付」ですが、今後は、保証協会の保証付き融資

についても公庫様並みに支援が拡充される予定です。

 

 

資金繰り支援の一覧はこちらになります(経産省HPより)

とても見やすく整理されています。

 

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/shikinguri_list.pdf

 

 

 

融資申し込みに際して、お客様から

 

「いくら借りたら良いのか」

「どのくらいの期間で返済したらいいのか」

「元本返済をどれくらい猶予してもらったら良いのか」

 

といったご相談を多くなっています。そういうときは、

 

 

「もし売上○○%減が、○月まで続けば・・・」

 

 

という想定で、資金ショートの時期(Xデー)をシミュレーショ

ンして今後の資金計画をお客様と一緒に考えます。

 

 

粗い概算でも未来の数字が見えてくると、お客様の決断と行動も

早くなります。(⇒これが一番重要です)

 

 

「売上が落ちてきている。借りた方が良いのかな?」

 

 

と思われているお客様に行動と決断を促すのは、間違いなく未来

の数字です。

 

 

未来会計の必要性・重要性を改めて実感しています。

 

 

なお、未来のシミュレーションには計算の基礎となる直近の試算

表が必須です。

 

 

もし、試算表がなかなか出ない、といったことで困っておられま

したら、未曾有の状況ですので、最大限のご協力をさせていただ

きます。

 

 

 

ただし、下記の事業者様については協力はできかねます。

 

 ・無申告

 

 ・コロナウイルスの影響を受けていないのに、この機会を利用

  して融資を希望している

 

 ・売上を抜く等の脱税をご希望

 

 

 

お問合わせ

 

 

既にコロナ特別融資を受けた事業者様の事例や、公庫様、金融機

関様の考え方も可能な範囲でお伝えさせていただきます。

 

 

現状を数字でしっかりと把握し、今後の資金計画を立て、最低で

も1年乗り切るだけの資金確保にすぐに動きましょう。

 

 

そして資金繰りに目途がついたら、次はこの状況を凌いだ後のこ

とを考え・行動していく必要があります。

 

 

借入金は利益の前借りです。借りたお金の返済には今まで以上の

利益が必要となります。

 

 

ですので、借りたお金で今を凌ぐだけでなく、借りたお金を活

して未来の利益を創る行動も考えていく必要があります。

 

 

こういう状況だからこそ、未来の利益を創り出す次の一手を考

え、行動することが大切ですね。

 

 

当社では、資金計画をスタートとした中長期経営計画の作成指導

もサポートしております。

 

 

お問合わせ

 

 

税理士の中小企業支援

2020.04.01

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です。

 

 

日本税理士会連合会HPに「中小企業支援」について記載があります。

 

税理士の主な顧問先は中小企業・小規模企業であり、経営者の7割

は、税理士を経営問題の相談相手と考えています。(中小企業庁アンケート)

 

非常に有難い言葉であるとともに、非常に身が引き締まる思いです。

 

 

また、税理士が行う中小企業支援として次の4つが挙げられています。

 

☑ 財務支援

☑ 経営支援

☑ 金融支援

☑ 税制支援

 

 

税務支援は言わずもがなですね。

 

金融支援も、金融機関が信頼関係を構築し、顧客との懸け橋にな

ることは、今ではよく知られていることだと思います。

 

また冒頭申しました通り、現在、新型コロナウィルスにより事業

に影響を受けている事業者様が大勢いらっしゃいます。

 

特に資金繰り対策は待ったなしです。顧問先様には敢えて悲観的

な業績をシミュレーションして資金調達の必要性を伝えるととも

に、政府の資金繰り支援策を積極的にご案内して、資金調達を後

押ししています。

負債が増えることを懸念されるお客様もいらっしゃいますが、融

資を受けて何事もなければそのまま返済に充てれば良いだけ、

借りるのを躊躇して資金ショートしたら元も子もありません。

 

【3月31日更新】新型コロナウイルスに伴う支援情報(補助金, 資金繰り, 猶予制度)

 

 

財務支援  ⇒ 会計の質の向上、会計指針等に準拠した決算書作成等

経営支援  ⇒ 経営革新等支援機関による経営改善支援等

 

についても大変重要な支援業務だと思いますが、これらについて

は、もう少し踏み込んだ支援が必要だと考えています。

 

我々の主なお客様である中小企業を取り巻く環境は日々絶えず変

化しており、お客様の多くが未来に対して大いなる不安を抱えて

いらっしゃいます。

だからこそ、渡利会計事務所は自社の使命(ミッション)である

「中小企業を元気にする」必要があると考えています。

 

ここで言う「元気にする」とは、お客様の将来に対する不安を払

しょくすることです。

そのためには、少しでも明るい未来を描けるサポートをする事こ

そ、我々が本当にやるべきことと考えます。

 

そのために必要な財務支援、経営支援として

 

☑ 未来のP/L(※)の作成  ⇒  未来会計図表(月次決算書)

 

☑ 未来のB/S(※)の作成  ⇒  資金別 B/S(月次決算書)

 

☑ 会社の未来像の構築    ⇒  経営計画書 

 

☑ 未来に対するリスクヘッジ  ⇒  保険監査

 

☑ 未来における生産性向上  ⇒  IT、RPAシステムの導入支援

※P/L⇒損益計算書、B/S⇒貸借対照表

 

を顧問料の範囲内でのサービスとして提供しています。

 

中小企業にとっては、会計事務所に対する顧問料は、一般的には

経費と認識されていますが、渡利会計事務所は過去分析だけでな

く、未来に対する不安を払しょくするサービスさせて頂くので、

来費用と認識されるような事業展開をしていきたいと考えてお

ります。

 

弊社の支援内容や月次決算書、経営計画書にご興味のある方は、

お気軽にお問い合わせくださいませ!

 

お問合わせ

 

クラウド会計(MF会計)導入事例

2020.03.14

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

 

今回は、クラウド会計の導入事例をご紹介いたします。

 

クラウド会計のメリットについては、こちらご参照頂けると幸いです。

 

クラウド会計ソフトのメリットは?

 

導入したクラウド会計ソフトは、マネーフォワード(MF)クラウド会計です。

 

 

導入されたお客様の業種は【サービス業】でご相談内容は

 

「経理や給与事務の人員・時間が多すぎる。もっと効率化できるはず!」

「2カ月遅れになっている月次決算を早期化したい。」

 

ということでした。

 

導入前の社内の状況

①現金取引・・・手書きの現金出納帳

②通帳取引・・・通帳に手書きで取引を記入

③クレジットカード取引・・・なし

④給与明細・・・社内システムで明細作成後、一覧表をエクセルで作成

⑤売掛金管理・・・社内システムで管理

 

現金・預金取引(①②)の事務を非常に細かく丁寧にされておら

れたのですが、インターネットバンキングを開始して頂き、省け

る事務を洗い出して一気に簡素化しました。

また、現金取引を極力減らすため、③のクレジットカード取引を

始めて頂きました。

 

インターネットバンキングやクレジットカードの取引履歴はクラ

ウド会計ソフトとの自動連携で取引日・支払先・利用額を自動取

得できます。

手作業による「入力ミス」が無くなり、情報もリアルタイムで取

得できるので非常に便利です。

 

給与と請求事務については既存システムの機能を生かし切れてい

ないことも分かったので「既存システムでできること」の見直し

をしています。

 

導入後半年ほど経過しましたが、事務に係る人員を概ね0.5人削減

でき、2カ月遅れの月次決算を翌月20日までに「月次決算書」を

供できる体制に変えることができました。

 

 

「事務を効率化したい!」

「月次決算を早くしたい!」

 

という社長のご要望に「ある程度」ではありますが、お応えする

ことができ、少なからずご好評を頂いております。

 

経理担当者様も最初は「会計ソフトの導入」に不安な様子でした

が、導入後半年ほど経つと「大分慣れました」との感想を頂いて

おります。

 

 

クラウド会計ソフトの導入のメリットは「月次決算の早期化」や

「数字を経営に役立てる」という目的を実現するための手段です。

 

また社内から「入力」や「転記」といった単純作業が無くなり、

経理担当者の業務が「チェック」主体に変わるため、取引の異常

値に対する感度や経理スキルは間違いなく上がります。

※数字の見方、異常値の捉え方については我々も指導をさせて頂

 いております。

 

 

クラウド会計の導入や既存システムでの運用でお困りのこと、お

悩みのことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

お問合わせ