watari のすべての投稿

2店舗目の出店時期は?【お客様事例】

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

2店舗目の出店を検討されている美容業のお客様の事例紹介です。

(金額は実際のものから変更しています)

 

以前から出店計画のお話は聞いておりましたが、決算前検討会で

 

「2025年の出店予定で考えている」と時期が明確になってきたの

 

で、財務(キャッシュと借入のバラス)の面から時期が妥当か、

 

一緒に検証しました。

 

 

 

 

 

損益は順調で、今期決算(2022.12.31)では実質無借金まであと100万円です。

 

  現預金 1900万円 < 借入金 2,000万円

  ※実質無借金とは「現預金=借入金」の状態をいいます。

 

 

来期、来々期も計画通りの業績で推移すれば出店前の2年後には

 

  預金 2200万円 > 借入金 1500万円

 

となり、実質無借金(プラス700万円)の良い財務状態です。

 

出店資金は2000万円で、借入を予定していますが自己資金も投入

して「出店時の借入金残高=年商の50%」を出店の目安として

シミュレーションしました。

 

『内装設備 1500万円は融資』

『運転資金  500万円は自己資金』

 

で新店舗オープン直後の財務をシミュレーションすると

 

  預金 2200万円 < 借入金 3000万円 

 

となり、借入残高が年商(5000万円)の60%と、50%には少し届き

ませんでしたが、

 

「設備資金は10年返済にすれば年150万円の返済です。

 2店舗目の損益をトントンまで持っていけばキャッシュは

 減りませんよ。」 

 

と数字を使って説明すると、

 

「それなら大丈夫です、2年目からは余裕でいけます」

 

ということで、予定通りの出店を目指すことなりましたが、

この後の話で出店はもう1年早まることになります。(^O^)

 

中小企業は理念と人ですね、続きは次回。

 

決算前検討会 ↓

基本サービス

 

経営計画作成 25時間 合宿

2022.12.13

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です
 
12/9~12/11の3日間、全国から経営計画コンサルタント100名が
集まり、2023年の中小企業支援について会合・合宿を行う
 
『経営計画作成25時間合宿  for  2023[会計事務所特化版]』
 
に参加してきました!
 
今回はWEBでの参加です↓
 
 
 
 
 
年間1,000社以上の指導実績をもとに、様々な事例と最新の指導方法
を共有しました。
 
具体的には
 
・経営計画を作成して業績が改善された事例
 
・社員さんの給料をアップするためのプロセス確認
 
・お客様が数字に強くなれる「セカンドオピニオンサービス」の確立
 
などなど。
 
ここで得た学びや気づきを糧にして、更なるレベルアップを目指します!
 
2023年も引き続き「関わりある全ての中小企業を元気にする」ための
 
サポートを続けていきたいと思います!
 

ホームページ リニューアル!

2022.12.07

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

弊社ホームページをリニューアルいたしました!

 

「基本サービス」(顧問契約・セカンドオピニオン)

 

「スポットサービス」(社長の成績表・自計化支援)

 

を中心にリニューアルしましたので、ページ上のメニュー

 

          ↓

 

からご覧いただけますと嬉しく思います。

 

なお、スポットサービスの「経営計画作成サポート」は準備中となっております(^^;

 

こちら早めに完成させたいと思います!

 

 

 

お問合わせ

 

 

経営計画発表会!

2021.07.31

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

久しぶりの投稿になります(^^;

 

年初に弊社の経営計画発表会を行いました。

 

 

 

なぜ経営者は「経営計画書」を作るのか? 一倉定先生に曰く

 

■方針書

 社長が、自らの未来像を明示せずに、社員はどうして自らの

 未来を考えることができるのか。
 社員の最大の不安がここにあるのだ。
 この不安を取り除いてやることは社長の責任である。

 

■目標数字

 目標は「その通りにいかない」からこそ必要である。
 それは、社長の考えとお客様の要求との食い違いを

 社長に教えてくれるものだからである。

 

社長として社員に「社員の未来像」「会社の未来像」「事業の未来像」

を示し、お客様の要求との食い違いを数字で読み取り、会社を誤りの

ない方向に導くために、経営計画書は必須です。

 

実際に経営計画書を作成され、月次決算書で目標との差額をチェ

ックして次の行動に繋げられているお客様と、そうでないお客

様との差は「業績の差」となって数字に表れてきます。

 

(ちなみに、月次の報告で目標を超えて業績が伸びている時の

 お客様の驚きの表情と笑顔は最高です!)

 

「目標にあといくら足りないから、○○をやってみよう。」

 ⇒タイムリーに差を知り、その差を埋めるために次の行動をする。

 

 

それだけ差なのですが、その差がとても大きいものだと、春の決

算期の業績を見て改めて思いました。

 

 

 

 

 

以下、ご参考までに、弊社の今期のテーマの一部をご紹介いたします。

 

 

今期のテーマ

 

 

 

 

正しい月次決算・早い月次決算を目指す!

 

 

 

 

未来会計10段活用 ~お客様をより高いステージへと導く~

 

 

 

 

お問合わせ

 

 

 

目標売上は利益から逆算♪(黒字転換に成功!!)

2021.04.23

京都市西京区の会計・税理士事務所 公認会計士の渡利祥子です。

 

製造業のお客様に決算のご報告と今期の売上目標のお話をさせていただきました♪

 

 

決算の報告は「社長の成績表」を使って銀行格付けも体感していただきながら説明しました。

 

※「社長の成績表」は税理士法人 古田土会計の古田土満先生が考案されたものです♪

 

銀行格付けは経営者の気になるところ。格付けの点数と改善点を、図を使って説明しました。

 

 

 

続いて、今期の目標値を「未来会計図表」を使ってシミュレーションしました。

 

 

お客様は日々の経理処理は問題なく行えるのですが、集計した数字の見方・考え方はよく分かりません・・・という感じです。

 

数字を身近に捉えてもらうために、1か月の目標から考えてみました。

 

 

左の図が決算の数字で右の手書きの図が今期の1か月の目標値です。

 

 

目標値を決める際にはイメージしやすい「売上高」から決めるという声が多いのですが、

未来会計図表を使ったシミュレーションでは、まず会社に必要な「利益」を決めます。

そして利益から逆算して売上高を求めます。

 

このお客様の場合、毎月の借入の返済額が50万円なので、ザックリですが毎月50万円の利益が必要になります。

 

 

「借入の返済=経費」という誤解もあったようで、「利益を出して借金を返済する」ということもご理解いただけました。

 

利益から逆算して求めた目標売上高は600万円になりました。現状の120%の数字で「これなら何とか・・・」という感じです。

 

参考までに、「売上に連動する仕入や外注費が10%UPしたら・・・」というシミュレーションをしたところ、目標売上高が300万円UPとなりました。この差にお客様は驚かれ、見積もりの重要性を改めて認識されました。

 

 

今まで、見積書を作成するのにここまで考えていなかったけれど、これからは意識したい、わかりやすかった!と言っていただけました(^^)

 

未来会計図表を使うと会計の理解度アップ間違いなしです!!

 

実はこのお客様、このあと愚直に値上げを実行され、黒字体質に

生まれ変わりました。

 

以下お客様の声です。見事な行動力です!! 素晴らしい♪♪

 

「値上げをすべきと言われたから、言われた通りに値上げをしました。

 もちろん、断られたお客様もいましたが、数字を教えてくれたお陰で

『儲からない仕事だし断られてもOK』と割り切ることができたことも

良かったです。

 

 

 

【お客様紹介】Mulan Hostel(木蘭ホステル)様 ~ 京都・嵐山にあるオシャレなホステル ~

2018.4.2

 

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です(^▽^)

 

✿お客様紹介✿

 

Mulan Hostel【木蘭ホステル】様

今まさに桜が満開な阪急嵐山線「嵐山駅」近くにある、とてもオシャレでアットホームなホステルです。

 

(↑玄関には桜の木があるんです!写真はまだ咲いてない頃のものですが、ちょうど今が見頃だと思いますよ🌸)

 

(↑奥様の趣味だという生け花が、綺麗でした。)

 

めっちゃくちゃ素敵な♡中国人ご夫婦が営んでいらっしゃる

木蘭ホステル✨

 

オーナーご夫婦のように、オシャレでぬくもりをたっぷり感じる落ち着いた共有スペースと、共有キッチン(^^♪

 

 

 

共有スペースには漫画やゲームなどもあり、いろいろ楽しめそう!

駅近でもあるので、京都観光の宿泊にぜひオススメです(^▽^)/私はご近所なのですが、泊まってみたいと思う本当に素敵な空間でした♡

@mulanhostel ←インスタグラムのアカウントです📷ぜひ覗いてみてください(^^♪

経営計画書の作成 その3(理念・社員の未来像)

2020.10.31

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

すっかり朝晩寒くなってきましたが、経営計画書の作成は順調に

進んでおります!

 

 

理念について

 

「才能心理学」北端康良先生のグループコンサルを3日間受け、

 

「コア・コンセプト」という「自分が最も大切にしている価値観」を、

 

 自分の過去を振り返ながら言語化していくことで発見できました。

 

 なぜ自分がこの仕事を選んだのか、なぜ月次決算書や経営計画書

 

 を深掘りし、世の中に広めようとしているのかが分かり、大納得の

 

 3日間でした。

 

     「解放感」「可能性」「成長」

 

 

 これが私の「コア・コンセプト(大切な価値観)」です。

 

 自分では全く気づいていませんでしたが、これらの言葉をよく発

 

 しているようです。(笑)

 

 これから、コア・コンセプトを自社の理念として言語化すると

 

 ともに、理念に辿りつくまでのストーリーをこれから作成してい

 

 きます。

 

 才能心理学にご興味ある方はこちらをお読みください!

 

 

 

 

未来像について

 

「社員の未来像」をブラッシュアップしました。

 

「社員の未来像」は、採用や教育、成長支援につながる最も大切な

 

 方向性の一つです。

 

 社員の短期・中期のキャリアプランや給与などの処遇を、コロナ禍

 

 で変化したライフワークバランスにも気を付けながら追記・修正を

 

 行いました。

 

 

 我が社は「採用」を、会社の方向性を決める「戦略」と位置付け

 

 ています。

 

 来年の採用計画は「正社員1名」です。

 

 意欲ある尖った人財に選んで頂けるような「社員の未来像」にな

 

 ったと思います!

 

 

 目次も完成し、全体像は決まりました。 残り1カ月で

 

 「理念とストーリー」

 

 「販売フロー」「自社のポジショニング」「他社との違い」

 

 を詰めて完成に近づけたいと思います!

 

 

お問合わせ

 

 

経営計画書の作成 その2(戦略・未来像)

2020.09.30

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

暑さも大分和らぎ、涼しくなってまいりました。

 

 

前回のブログ

 

https://watari-tax.com/archives/2215

 

に引き続き、経営計画の作成について触れたいと思います。

 

5年間の中期事業計画で目標数字(手にしたい数字)を決めた後は

どうやってその数字に向かっていくか、どう自社を展開していく

のかを決めて、翌年の行動計画へと進んでいきます。

 

同じ業界であってもゴール(理想の数字や未来)、例えば

 

 ☑事業を拡大するため、採用・育成に力を入れたい

 

 ☑高収益型の事務所に変わるためお客様への付加価値を上げたい

 

 ☑特定業界向けに新商品を開発して、業種特化したい

 

によって、今後の展開は異なりますが、下図黄色の「未来像」

 

「戦略(差別化)」を決めて明記するという方向性は同じです。

 

 

我々は引き続き「経営計画書」と「月次決算書」に特化したサー

ビスを提供していきたいので、これら2つの商品と親和性の高い、

いわゆる「理想のお客様像」(ゴール)を決め、どうすればその

お客様層に出会い、価値を感じてもらえるかを考えています。

 

また、価値観を共有できる社員と共に成長し事務所を発展させた

いという思いも強く、来年後半には社員を採用する計画を立てま

同じく「理想の社員像」(ゴール)を決めたところです。

 

今後の自社の展開も少しずつ形になってきました  (^^

 

通常業務もあり、経営計画書作成に参加されたメンバー全員がも

のすごく忙しい状況ですが、毎日少しずつコツコツと加筆・修正

をしています。

 

最後に一倉先生のお言葉をご紹介します。

 

『経営計画の作成時間を節約するというほど、誤った時間の使用法はない』

 

コロナ禍の中、未来に不安を感じている社長は多いと思います。

だからこそ社長が、自社が目指すべき未来像を決めて社員に共有し、

全社員で未来像を実現するための行動を決めていくことが必要だ

と思っています。

 

 

お問合わせ

 

 

経営計画書の作成 その1

2020.08.31

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

毎日暑い日がつづきますね(^^;)

 

弊社は12月決算なので来期まで4カ月ありますが、9月から全国の

同志と一緒に4カ月かけて自社の経営計画書の作成を開始します。

方向性や進捗の確認はZOOMで毎月1回行い、日々の報連相はチ

ャットワークで行います。

 

  

 

昨年までは東京で一堂に会して経営計画書の骨格を作成しており

ましたが、コロナ禍の影響もあり今年はWEB対応になりました。

4カ月間をかけて骨格だけでなく細部まで完成させていくので、

内容は例年以上に濃いものになるはずです。

 

まず、取り掛かりとして来期から5年間の中期事業計画を作成し

ました。

 

 

 

 

 

経営計画書の作成は、短期⇒中期の数値目標から始まります。

数値目標を立てるだけでも、自社に足りないこと、必要なこと

が見てきますが、「目標を立てるだけ」では何にもなりません。

 

    目標は仏であって魂ではない。 一倉定先生

 

魂(方針)のない数値目標は、生命をもたないということです。

 

ですので、数値目標を立てた後は『何故その目標を達成させたい

のか』『どうしたら達成できるのか』を脳みそに汗をかきながら

考えていきます。

そして、来期の方針を我が社の魂として経営計画書に落とし込ん

でいきます。

 

 「社長は何をしたらいいか…」を見つけだす最良の方法は、

  経営計画を自ら立てることである。 一倉定先生

 

 

名言です!進捗は引き続きアップしていきたいと思います!

 

お問合わせ

 

 

資金繰りは節税で改善する?

2020.07.30

京都市西京区の会計・税理士事務所 渡利会計事務所です

 

「税金をできるだけ少なくしたい」

 

多くの経営者の方々が仰る言葉の一つです。

 

お気持ちはよく分ります。

 

もちろん、税制優遇制度を活用した税額控除や特別償却の節税提案はさせて頂いております。

 

それでもまだ税金を減らしたい。

 

「税金をもっと少なくすれば、会社にお金が残るはずだ。」

「税金を払うくらいなら、経費支出をした方が良い。」

 

この考え方は正しいのでしょうか?? 下図をご覧ください。

 

 

そもそも、税金は利益の一部で支払うものです。

 

税金を減らすために利益を減らすと会社に残るお金」が100減ってしまいます。

 

会社の資金繰りは悪化しているのです。

 

そもそも、社長の願いは会社に残す資金を増やすことではなかったでしょうか。

 

であれれば、安易に「税金少なくしてほしい」と税理士に言ってはいけません。

 

資金繰りを良くするには

 

①利益を増やすこと

②借入れの返済額が、利益とバランスするよう金融機関と交渉すること

 

この2つが非常に重要になります。(下図)

 

 

 

我々は、2つの解決策を実現するため、お客様と一緒に利益計画・販売計画を作ります。

 

目標利益や資金繰りを考えながら、銀行交渉のアドバイスもさせて頂きます。

 

月次決算書で結果をチェックし、計画との差を埋めるための改善策を一緒に考え、実施して頂きます。

 

このPDCAサイクルをお客様だけで回し続けるのは至難の業です。

 私自身も外部サポートを受けながら自社のPDCAを回しております(^^;)

 

 

どうしても本業を優先してしまい、実施とチェックが甘くなってしまいます。

 

我々は、お客様が計画を着実に実施し、改善の行動ができるようサポートをさせて頂きます。

 

チャットやWEB面談などのツールを活用すれば、面談日以外でもコミュニケーションを取りながら

サポートすることは十分可能です。

 

目標を決めたい。

計画の作り方が分からない。

計画を作ったけど実施できない。

 

そんなお悩みやお困りごとがあれば、ご相談ください。

 

 

 

お問合わせ